社会福祉法人 日野町社会福祉協議会
お問い合せ
サイトマップ
職員募集
アクセス
リンク
文字サイズ拡大標準縮小*
ホーム
日野町社協とは
地域福祉活動
ボランティア
暮らしの中の相談
日野町善意銀行
日野町共同募金委員会
トップページ > 暮らしの中の相談
暮らしの中の相談

よろず相談

よろず相談所
 私たちの生活の中には様々な困りごとや心配ごとがあるものです。その中には最も身近な家族やご近所さんだからこそ相談しづらいことや、どこに行けば専門的に対応してくれるのかがよく分からないこともあります。あるいは「相談とまではいかないのだけれど、ちょっと話を聞いて欲しい」ということもあるでしょう。そんな時、皆さんが安心して利用できる相談機関として社会福祉協議会が実施する「よろず相談所」があります。
 予約の必要はございません。相談は無料です。お気軽にお越しください。
また、個人情報は固く守られますので、安心して利用していただけます。
適切なアドバイスと共に、専門機関におつなぎします。
 【開催日】毎週木曜日9:00~12:00(受付は11:30まで)
 【場 所】日野町勤労福祉会館 応接室

法律相談

弁護士による無料法律相談(予約制)
 日常生活の中で起こる法律に関わる事柄等について、弁護士が無料で相談に応じます。
 秘密は厳守しますので、安心してご利用ください。
 【開催日】基本的には毎月1回 第1月曜日の13:30~16:00(要予約)
 【場 所】日野町勤労福祉会館 応接室
  ※相談時間は一人30分とさせていただきます。

地域福祉権利擁護事業

地域福祉権利擁護事業とは?
 判断能力が不十分な方が、自立して安心した地域生活が送れるよう、福祉サービスの利用手続きや日常的な金銭管理等のお手伝いを行います。
利用できる人
 認知症状のある高齢の方、知的障がいのある方、精神障がいのある方など
どんなことをしてくれるの?
  • 福祉サービス利用援助
    福祉サービスを利用する際に内容を説明したり、申し込みや契約のお手伝いをします。

  • 日常的金銭管理サービス
    貯金の出し入れや、医療費・公共料金などの支払いをお手伝いします。

  • 書類等預かりサービス
    貯金通帳や印鑑、年金や保険の証書など大切な物をお預かりします。
どうすれば利用できるの?
 まずは、日野町社会福祉協議会(電話:52-1219)までご連絡ください。

生活福祉資金貸付制度

 低所得世帯・障がい者世帯または高齢者世帯で他の資金の借入れが困難な世帯に対し、必要に応じた資金貸付を行うとともに、その世帯が経済的な自立等の安定した生活が送れるようにすることを目的に都道府県社協・市町村社協・民生委員が連携して行う福祉の貸付制度です。用途別にさまざまな種類の貸付があり、「総合支援資金」「福祉資金」「教育支援資金」「不動産担保型生活資金」の4種類があります。
 個人単位ではなく世帯を対象としており、種類ごとに異なった貸付条件があります。なお、負債の返済のための借入れや、借入れ後の返済できるあてがない場合については基本的に貸付の対象とはなりません。
 ご相談内容によっては、手続きに時間がかかる場合があります。

生活困窮者自立相談支援事業

 日野町にお住まいで、生活に不安を抱えている方(生活保護を受給されている方を除きます)の相談窓口として、解決のお手伝いをします。
このようなことでお困りではありませんか?
  • 離職し、仕事がなかなか見つからない 。
  • 住むところがない、頼る人がいない。
  • 滞納を減らしたい、家賃などが払えない。
 このようなことでお困りの方は、まずはお困りごとをお聞かせください。秘密は厳守しますので、ご利用ください。ご家族など、まわりの方からのご相談も受け付けします。相談は無料です。
 受付時間:午前8時30分~午後5時(土日祝日、年末年始を除く)